トップ 最新 追記

おけら日記

2004|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|09|10|

2005-03-01(Tue)

贈り物

仕事から帰ると「第三渓谷進行中」の山鳥さんから荷物が届いていた。

中身は「渓谷の掲示板」でも話題になっていたセンボンクヌギタケらしききのこだ。早速、カバーグラスに胞子を落とす準備をし、ひだの切片を何度か切り出してみたがうまくいかない。非常に切り出しにくいタイプの肉質のようだ。胞子はたくさん落ちてくれたが、小型で透明平滑な胞子なので写真に撮るのは非常に難しい。初心者向きのきのこではないなと思った。


2005-03-03(Thu)

きのこ三昧inみえ

宮川村の豪雨災害のため延期となっていた「きのこ三昧inみえ」が3月25日(金)〜27日(日)の3日間の日程で開催されることとなった。概要はココ をクリックしてください。そして、さらに添付資料のリーフレット(PDF)をクリックすると・・、あっと驚く画像が見られることでしょう!

野生のきのこ展示が出来ない時期となってしまったのがちょっと残念なのですが、写真は少し展示します。それから、「みえ・菌輪の会」代表Mさんのお話もあります。これは見逃せないですよ。(^^)

ちなみに会場となる宮川山荘はこんなところです。


2005-03-06(Sun)

RDB会議

午後、第7回三重県生物多様性調査検討委員会に出席してきた。来年度発行予定の三重のレッドデータブックには、きのこ関係で、CR(絶滅危惧A類)3種、EN(絶滅危惧B類)13種、VU(絶滅危惧粁燹19種、NT(準絶滅危惧)6種、DD(情報不足)27種、計68種を掲載予定である。今はとても恥ずかしくて種名までは申し上げられないが、3月下旬頃にはパブリックコメントを求めるために公表される予定である。(あ〜、まいったまいった。)

この委員会にかかわって一番強く感じているのは、どの分野でも若い人が極端に少ないということだ。今日の委員会でも、次にこのレッドデータブックを見直す時期は5年後にして欲しいという意見が多かった。なぜなら、「10年後にはわしらもうおらんからなあ〜」という笑うに笑えない事情があるからだ。真っ先にレッドデータブックに載せなければならないのは、実は自分たちであったという悲しいお話なのである・・。(注:私は準絶滅危惧くらいかな?)

ちなみに、三重のレッドデータブックのサイトは、ココです。


2005-03-13(Sun)

菌輪の会総会

「みえ・菌輪の会」の総会に顔を出してきた。この会は普段はきのこを食べることなんて考えもしない(?)まじめなきのこ同好会なのだが、総会の日だけは別格。年に一度、きのこを食べまくる「きのこ DE 宴会」をやることと会則に定められているのだ。(?)

今日のメニュー(思いつくまま):○ハタケシメジご飯(塩味、これは絶品!)○きのこの天ぷら(シイタケ、ヒラタケ、マイタケ、エリンギイ)○きのこ入りしし鍋(シイタケ、エノキタケ)○鹿肉ときのこソースのパスタ(エノキタケ、ヤマブシタケ・・)○アラゲキクラゲの白和え○シロキクラゲ入りフルーツポンチ、などなどであった・・。

今日の総会には、なぜか森林総合研究所の根田博士にもお越しいただくことができたので、きのこの分類や学名の話などとても興味深いお話を聞かせていただくことができたが、とても短い時間であったのが心残りとなった。


2005-03-24(Thu)

『三重県レッドリスト2005(案)』に対する意見募集

3月6日の日記でも触れた三重県レッドリスト2005(案)に対する意見募集が始まった。(ココから入ってPDF版のリストがダウンロードできます。)菌類(キノコ)は一番最後に申し訳程度に付け加えられているような感じなので見にくいかも分からない。で、なんでこんな種が選定されているのか、自分でも良く分からないところが多々あるのですが、今回はとにかく菌類(キノコ)をリストに入れるということが大きな目標だったので、まああまり細かいことは考えないようにしている・・。

きのこを愛する皆さんのご意見を少しでもお聞かせいただければ幸いです。